日本の歴史・伝統文化など「日本人の誇り」をよみがえらせる書籍の出版をしています

エルトゥールル号殉難将兵が結ぶ真心の絆

エルトゥールル号遭難者慰霊碑(串本町大島)

日本・トルコ友好120周年
エルトゥールル号殉難将兵が結ぶ真心の絆

坂元陽子(明成社編集部、日本・トルコ協会会員)

120年目の串本町

エ号遭難現場

遭難現場となった船甲羅の岩礁

明治23年、日本への親善使節を乗せたトルコ軍艦エルトゥールル号は、帰途台風に遭遇し、和歌山県大島沖で沈没。約600人が命を落としたが、大島の人々の献身的救助と看護によって69人が無事トルコに帰国した。このエルトゥールル号遭難事件から120年を迎える平成22年6月3日、和歌山県串本町で殉難将士追悼式典が行われた。

串本漁港を出港した参加者は、海保巡視船「みなべ」から、沖合に停泊する海自護衛艦「せとゆき」へ移乗。出発に先立ち寬仁親王殿下をお迎えしての栄誉礼が行われた後、遭難海域へと向かった。

「せとゆき」は樫野崎の海を静かに航行しつつ、やがて開式となった。参加者全員の黙祷が捧げられ、セルメット・アタジャンル駐日トルコ大使、武田壽一海自呉地方総監による追悼文の奉上に続いて、寬仁親王殿下、彬子女王殿下が洋上へ献花された後、出席者全員が献花し、海自儀仗隊の弔砲が発せられた。

アタテュルク騎馬像

樫野崎灯台前に設置されたムスタファ・ケマル・アタテュルク騎馬像

午後からは、トルコ大使館から寄贈され、日本財団の支援を受けて樫野崎灯台前に設置されたアタテュルク(トルコ共和国建国の父)騎馬像の除幕式典が行われた。像の高さ4.2メートル、台座部分を含めると6メートルに及ぶ巨大な像が姿を現すと、大きなどよめきが起こった。

威風を湛えたトルコの英雄像は、当初、新潟県柏崎市に建てられたものだが一貫した管理が行われず、新潟中越地震の影響もあり、あろうことか一時は野ざらしで横倒しにされるなど、日本人として洵に申し訳なきゆゆしき事態にあった。関係者の尽力により、修復を経てふさわしい場所を得ることができ、胸をなで下ろした人は多いことだろう。

海上での式典に加え、慰霊碑前で、陸上追悼式典も行われた。

黙祷の後、両国歌の演奏があり、寬仁親王殿下のお言葉を彬子女王殿下が代読された。寬仁親王殿下は、喉頭咽頭癌治療の影響で、発声を補う機器を利用されている。

和歌山県知事、串本町長による追悼文の奏上、献花の後、海自による弔砲が発せられた。また特別に、トルコから色鮮やかな伝統衣装をつけたトルコ軍楽隊メフテルがかけつけ、式典を盛り上げた。最後に、地元小中学生と老人クラブの方々が「トルコ使節艦エルトグルル号追悼歌」を斉唱した。

エ号追悼歌

慰霊碑近くに設置されている地元で歌い継がれているという追悼歌の紹介板。追悼歌は他にもあるようだ。

地元大島小学校では、古くからこの追悼歌を教えており、慰霊碑の清掃活動も行っている。住民も清掃をかかさないため、慰霊碑周辺はいつもきれいに保たれている。

ある日慰霊碑を訪ねたトルコ人が、小雨の中、ゴミを拾う子供を偶然目にして、思わず涙が出たと語っている。

現在の慰霊碑は、昭和12年トルコ政府によって建てられたもので、当初の墓碑が正面に埋め込まれている。駐日トルコ大使、駐在武官は、着任にあたりこの慰霊碑への参拝を欠かさないという。

慰霊祭は、昭和4年、昭和天皇の行幸を仰いで以来行われており、5年毎には皇族方をお迎えして大祭とする。いずれも催行日は艦が遭難した9月16日ではなく、昭和天皇の行幸を仰いだ6月3日を慣例としている。

大祭は例年、雨の日が多いそうだが、120年目のこの日、海は青く波は穏やかで、青空の下、共に紅白を使った両国旗がひときわあざやかに映える1日となった。

※平成22年開催の120周年追悼式典の模様を収めた映像を、平成27年6月、
リニューアル
されたトルコ記念館内で視聴することができた。(平成27年11月追記)

大使の涙

トルコで約20年間勤務した元外交官の本山昭氏は、トルコ紙の取材に答え、次のように

述べている。(Zaman,2010/7/31)

…この(串本町の)慰霊碑に関して、忘れられない思い出があります。海軍司令官としての任務の後、軍を退いたジェラル・エイジオールが、在京トルコ大使館で大使として勤務することになりました。その頃、私は外務省でトルコを管轄する課の調整官でした。

エルトゥールル号の追悼式典に私も参列しました。エルトゥールル号が沈没した海で、日本の軍艦の上で式典が行われ、式典が終わった後、皆艦の中に入りました。

エイジオール大使は、式典の行われた場所で、銅像のように真っ直ぐ立ちすくんでいました。泣いていました。しばらくしてから、

「“軍人は泣かない”と、いつもおっしゃっていましたよね」と私が声をかけると、

「私は軍人ではなく、大使です」とお答えになりました。

エイジオール大使は、トルコからこんなにも遠い場所に、トルコ人殉職者のために慰霊碑がたてられ、こんなにも思いの込もった式典が行われていることに感動した、とお話になられました。

遠く祖国を離れ異国の海に沈んだトルコ殉難将兵のみたまは、一世紀以上の時を経てなお、親善使節の役割を果たし続けている。それを可能ならしめているのは、両国民のメンタリティであり、世界でも傑出した例といえるだろう。

本山氏は続いて、次のように述べている。

1941年に地中海で沈没したレファー号という船がありました。その事故で167人が亡くなりました。

エイジオール大使は、メルシン(地中海に面したトルコ南部の港町)にも串本町にあるような慰霊碑をたてるよう試みる、と言いました。この慰霊碑をたてるため私たちは一緒に取り組みました。そして日本にある慰霊碑の兄妹がメルシンにたてられたのです。

この意味から、レファー号殉職者慰霊碑と日本にあるエルトゥールル号殉職者慰霊碑は、永遠にトルコと日本の友好関係のシンボルとして残るのです。