日本の歴史・伝統文化など「日本人の誇り」をよみがえらせる書籍の出版をしています

維新のこころ―孝明天皇と志士たちの歌

維新のこころ
維新のこころ―孝明天皇と志士たちの歌
いしんのこころ/こうめいてんのうと ししたちのうた
多久善郎(たく よしお)/編
定価 本体1900円+税 (税込2052円)
ISBN 
978-4-905410-53-9
判型・頁数 
四六判・400頁
発売 
2018年11月

明成社オンラインへ

多久善郎⇒ 明治維新を担った天皇・志士達の魂の言葉に耳を傾けよう!
◆当時、日本人の質の高さは世界最高水準だった!

幕末維新史は、当時を生きた私達の祖先の「深い願い」と「揺るがぬ信念」と「行動の勇気」が創造していったものに他ならない。それらの人々の和歌を詠み味わう事は、明治維新の本質を理解し、日本人とは何かを探る大きな営為に他ならない。

幕末維新を代表する人物たちの歌1650首を精選。


第一章 孝明天皇御製

附録「孝明天皇の御代を思い起こされる明治天皇御製」

第二章 代表的な志士歌人の歌

吉田松陰の歌
佐久良東雄の歌
有馬新七の歌
伴林光平の歌
平野国臣の歌
野村望東尼の歌
橘曙覧の歌
三条実美の歌

第三章 後世に伝えたい維新の歌

第一部 維新に尽した人々の歌
第二部 幕府への義に尽した人々の歌