日本の歴史・伝統文化など「日本人の誇り」をよみがえらせる書籍の出版をしています

沖縄危機と日本有事―普天間基地移設・尖閣問題・中国の脅威

沖縄危機と日本有事

沖縄危機と日本有事—普天間基地移設・尖閣問題・中国の脅威
おきなわききと にほんゆうじ/ふてんまきちいせつ せんかくもんだい ちゅうごくのきょうい


惠 隆之介(めぐみ りゅうのすけ)沖縄在住、作家・ジャーナリスト、元二等海尉/著


定価 本体524円(税込576円)
ISBN 978-4-944219-97-1
判型・頁数 A5判・64頁
発売 2010年11月17日

本書のご注文・お問合せは 日本会議書籍販売コーナー ℡ 03-5428-3723 までお願いします。

これでいいのか!〈日本の外交・安全保障〉
平成22年4月、10隻の中国艦隊が沖縄本島―宮古島間を通過。 同年9月に起きた尖閣諸島の日本領海における中国船の領海侵犯衝突事件では、逮捕した船長を処分保留のまま釈放。こうした譲歩は、更に領海侵犯を助長させることになる。
中国は領海法を制定し、尖閣・南沙諸島を自国領と明記し、グアムへ達する制海権を目論んでいる。南西諸島の広大な海域には、豊富な海底資源の存在が見込まれているのである。
沖縄の潜在的な主権を主張する中国が描く沖縄侵攻のシナリオ。交戦権も軍法もなく、弾薬の備蓄さえない自衛隊は有事に即応できるのか。危機迫る沖縄から、日本の外交・安全保障を問う!


現行憲法の交戦権否定は独立の否定/米軍普天間飛行場の移設問題とは/深刻な日本の現状/米軍撤退が招いたフィリピンの没落/脅かされる沖縄/事なかれ主義の日本はこれでいいのか?/中国の戦略/中国の戦術目標三戦について/マスコミの嘘(世論戦)/沖縄にあった悪い因子/沖縄政策の誤り/評価されるべき米軍の功績/沖縄の本音/日米地位協定の改定問題について/真実を公表せよ/今後の対策/靖国の神々への崇敬を!

【質疑応答】①自衛隊の実力 ②基地内の土地登記
(資料)沖縄県島嶼分布図/脅かされる沖縄海域・シーレーン/在日米軍・自衛隊予算の分布/基地関連収入/防衛省沖縄関係予算/沖縄県人口動態/米軍及び自衛隊施設の用地賃借料