日本の歴史・伝統文化など「日本人の誇り」をよみがえらせる書籍の出版をしています

抹殺された大東亜戦争—米軍占領下の検閲が歪めたもの

抹殺された大東亜戦争

 【書評】「占領軍の歴史洗脳」を剔抉した労作

抹殺された大東亜戦争—米軍占領下の検閲が歪めたもの
まっさつされた だいとうあせんそう/べいぐんせんりょうかの けんえつが ゆがめたもの


勝岡寛次(かつおか かんじ)明星大学戦後教育史研究センター/著

定価 本体1,900円(税込2,090円)
ISBN 4-944219-37-7
判型・頁数 四六判・430頁
発売 2005年8月
明成社オンライン

戦後の歴史観はこうして“作られた”
GHQは、占領直後から民間検閲支隊(CCD)を通じて、あらゆる情報ソースの検閲体制を敷き、厳格な情報操作を行った。
本書は、米国・メリーランド大学プランゲ文庫に保存された検閲史料のうち、約13000種の雑誌について丹念に検証。その内容は、単に大東亜戦争についてのみならず、明治維新や日露戦争の意義を否定し、欧米による植民地支配批判や東京裁判批判をも封じ込めるという一方的なものだった。
私たちが「忘れさせられた」歴史とは何か。戦後世代の著者の手で明らかにされています。


序 本書を江湖に薦めるの辞 ―小堀桂一郎
まえがき 「大東亜戦争」の抹殺と「太平洋戦争」の強制

序章 東京裁判の検閲
第二章 東亜解放への道
第三章 明治維新の世界史的意義
第四章 明治日本と支那・朝鮮
第五章 アメリカの太平洋進出と日本
第六章 日露戦争の与へた影響と韓国併合
第七章 “ 協調”から“対決”へ
第八章 満州を巡る諸問題
第九章 大アジア主義と支那をめぐる相剋
第十章 日米交渉と開戦の経緯
第十一章 後に続くを信ず