日本の歴史・伝統文化など「日本人の誇り」をよみがえらせる書籍の出版をしています

台湾独立の胎動(3)

台湾へ埋葬された明石元二郎総督

日本は台湾を統治するために台湾総督府を置いたが、第七代台湾総督明石元二郎の墓も台湾にある。
明石元二郎は、大正7(1918)年6月台湾へ赴任、その任期は短かったが、日月潭の水力電力事業着手、縦貫道路や新鉄道「海岸線」の着工、台湾の司法制度や学校制度を内地のものにより近づけることなどに功績があった。また、森林保護のため営林局の権限を強化したり、対岸の中華民国政府との友好を促進するため、両国人の合弁による華南銀行の設立や広東への病院開業等を実現したりした。明石は、赴任に際して、台湾通の政客杉山茂丸から「内地から来た日本人よりも台湾島民を第一義にして統治をしなければ双方の平等政策は行われない」とアドバイスを受けていたという。

明石は、次の首相の呼び声も高かったが、日本へ一時戻っていた大正8年10月に急病で逝去。遺骨は、その遺言により台北の三板橋墓地へ葬られた。
墓所をつくるに際しては、その遺徳を慕って募金が集まり、皇族方を除いてこのような立派な墓を持った者は未だいないというほど立派なものが建ったという。墓域は2千坪もあった。当時の写真で見ると、正面に鳥居を配した神式の立派な墓所である。

しかし、戦後になると墓所の状況は一変する。国民党と一緒に大陸から渡って来た外省人が、明石の墓所を含む日本人墓地一帯に勝手にバラックを建設して住み着き、スラム街を形成したのである。
5年程前に高千穂商科大学の名越二荒之助教授が、この墓所を探しに行くと言われるので、一緒にバラック街へ入ったことがあるが、墓所はどこにあるか全くわからず、近くに住む日本語のわかる年配の台湾人の親切な案内によって漸くそこに辿り着くことができた。
鳥居は公衆便所の柱に流用され、その惨状は痛ましいばかりであった。このバラック街を撤去して公園にしたのは、台北市長時代の陳水扁氏(現総統)であることは既に書いた。ここに至るまでには、日華交流教育会(小堀桂一郎会長)の許國雄氏や草開省三氏が陳水扁市長に対して盛んに陳情活動を行ったという。

この地域が公園にされる際、日本人の遺骨は、掘り起こされて台中の宝覚禅寺にまとめて埋葬された。しかし、明石総督のお骨だけは、行き先が決まらず冨徳霊骨棲に安置されていた。台湾当局としては、明石の墓所をどこかにちゃんとした形で建てたい意向であったのだろう。  そこに現れたのが楊基銓・劉秀華夫妻である。この2人によって、明石総督は新しい墓所を得ることができたのである。

台湾海峡の守護神 明石元二郎

劉さんは言う。

「明石総督のお墓については、別に誰かから頼まれたことではないんです。主人より10歳位先輩で友人の林益謙さんが、日本人から頼まれたんです」

林益謙さんは、一高、東大出身の俊才で、台南州曽文郡郡守を経て、総督府財務局金融課事務官、同課長等を務め、後にインドネシアへ南方施政官として派遣された人物である。
当時の台湾では、数こそ朝鮮のように多くはなかったが、高等官として多くの日本人を部下に持つ台湾人行政官が存在した(朝鮮の場合、台湾の「州」に相当する「道」知事もしく副知事は朝鮮人が勤め、郡守はその半数は朝鮮人であった)。
郡とは州の次のクラスの行政単位で、その権力は絶大、電話一本で巡査部長を更迭することができた。当時台湾には52の郡があったが、劉秀華さんのご主人の楊基銓さんも、台北州宜蘭郡守を24歳(数え年)で務めている。これは台湾の総督府史上最も若い高等文官の記録となっていた。
劉さんは続ける 。

「でも、林さんは日本住まいが長く、台北近辺しかご存じないので、私が何とかしようと思ったんです。最初は、日月潭に姉が嫁いでいて土地を持っているので、姉に頼もうと思いました。しかし、法律でお墓の認定があるところしか埋葬できないことになったので、姉の土地には埋葬できませんでした。姉に、新たに墓地の認定のある土地を探してくれと頼んだところ、今度は仏教の寺院がみつかりましたが、4〜5日して断られました。」

墓所探しは随分難航したらしい。いろいろな案が出ては消えていったことは、当時から聞いていた。

「そして最後は、自分の買っているところはクリスチャンの墓地ですが、そこはどうなんだろうと思って当たってみました。一面識しかない董事長に頼んでみようと、何回も電話したがつながりませんでした。仕方なく、電話に出てくれた人に頼んで2〜3日してからまたかけたら、いい(OK)、ということでした」

斯くして明石総督のお墓は、楊基銓・劉秀華夫妻と同じ霊園に決定したのである。

「どうしてそんな気になったのかよくわかりませんが、霊感だと思います。お金も全部出すつもりでしたが、陳水扁市政が47万円用意しており、足りない分は多くの方がお金を出して下さりたちまち集まりました。主人が戦後華南銀行(明石元二郎が設立した)の会長をしていたので、華南銀行もお金を出してくれました。明石元二郎の孫の明石元紹さんも管理費等を出費されています」

台北県三芝郷福音山クリスチャン墓地の台湾海峡を臨む丘陵斜面に明石元二郎総督の墓はある。大理石造りの立派なお墓である。完成までほぼ1年を要した。

「ずっと2週間くらい雨が続いたのに、改葬の日だけは不思議に晴れました。マスコミもみんな取材に来ました。また、台湾でも有名な牧師さんが説教してくれました。明石さんは、台湾を愛して今日この地に埋葬されることとなりました。これこそが本当の愛である、というお話でした。参列者は感動してみんな泣きました」

ご主人の楊基銓さんも次のように述べる。

「明石総督の台湾を愛する心はクリスチャンと同じです。墓を建てた日付は、1907年3月26日にしました。これは、明石総督がヨーロッパ(明石元二郎はヨーロッパで駐在武官を勤めながらロシア革命を支援し、日露戦争を有利に導いた)から帰るときに台湾海峡を通った日です。実はこの日に総督の奥さんも亡くなっています」

クリスチャンの墓域で、墓石に聖書の言葉は彫られているが、十字架はなく、明石総督自作の漢詩が彫ってある。漢詩は明石元紹さんの希望であるという。銅板は、台北の墓のものをそのまま使用している。
楊さんは続けて述べられる。

「ここを選んだ理由は、遮るものがなく台湾海峡が見渡せるからです。台湾に代わって中国を睨みつけてくれているのです。これこそ正に聖書にいう「守護者」ではないでしょうか」

1949年以降の台湾は、中華人民共和国による攻撃の脅威に常に晒され続けてきた。それは、国民党時代も現在の民主進歩党政権下でも状況に大きな変化はない。斯かる状況下で、明石元二郎を台湾の「守護者」とする人々がいる。