日本の歴史・伝統文化など「日本人の誇り」をよみがえらせる書籍の出版をしています

台湾独立の胎動(2)

日本教育の原点「芝山巌」

では、台湾における日本教育の原点とは、一体どこにあるのであろうか。 日華交流教育会の会合で、台湾人の教師が「台湾教育の原点は六士先生にある」と話すのを幾度か聞いたことがある。「六士先生」とは、台湾の教育のために最初に日本から派遣され、芝山巖(しざんがん)学堂という学校を開いた日本人教師たちのことである。
許國雄氏と共に日華の教育交流をすすめてきた草開省三氏は次のように述べる。

「中華民国文部省の道徳教科書の編纂者である鄭来進先生が、第一回の研究会の後で声をひそめておっしゃいました。『本省人の先生は、毎年日本との教育交流をやらねばいかん、と思っている。芝山巖精神を原点として教育を進めないと台湾は駄目になる』と」

「六士先生」「芝山巖精神」とは何か、それを考えるには、まず日本が台湾を統治した最初の年まで溯らなければならない。
明治27、28年の日清戦争後、下関講和条約で台湾及び膨湖列島が日本へ割譲され、台湾では日本の統治が始められた。当初、日本政府は、日本人となることを望まない者は、2年以内に清国へ帰国すべしとの布告を出した。この布告に従って、清国へ帰った人もあり、また日本へ帰順した人も多くいたが、既得権益が脅かされることを恐れた人々は、清国の台湾順撫であった唐景松を大統領に担ぎ出して「台湾民主独立宣言」を布告、抗戦の構えを見せた。このため、日本政府は、直ちに北白川宮能久親王の率いる近衛師団を台湾へ派遣し、鎮圧の軍事行動を起こしたのであった。
日本軍は、上陸すると台湾北部でたちまちにして清国軍を打ち敗ったが、敗残兵となった清国兵は、台北城内へなだれ込んで、放火、略奪、強姦等狼藉の限りを尽くし、城内は無政府状態になっていた、という。困惑した台湾住民は、日本軍に治安の確保を依頼。明治28年6月7日、日本軍は台北を鎮圧し、漸く治安は回復されたのであった。
台北の治安が確保されると、日本政府は直ちに台湾人への教育の準備へと取りかかった。樺山資紀台湾総督は、当時、学務部長心得であった伊沢修二の意見具申を受けて、台湾にも学務部を創設、その長に伊沢を任じ、楫取道明以下全国から志ある6人の人材を集めたのである。伊沢たちは7月16日に、台北の中心から少し離れた芝山巖という岩山にある恵済宮というお宮を借りて学堂を開いた。借り賃を月5円支払ったという。

台湾の教育に殉じた「六士先生」

我々は、「六士先生」の研究者・陳絢暉氏に芝山巖学堂のあった場所への案内を依頼した。朱色で派手な飾りのついた山門をくぐり、学堂のあった頂上への階段を昇りながら、陳氏は語る。

「最初は、お金を出して生徒を集めて、日本語を教えたんです、そうしないと生徒が集まらないから。そして6人の生徒が集まりました。6人の生徒を7人の先生(伊沢と六士先生)が教えたんです」

当初、生徒は僅か6名であったが、9月には、これが21名に増え、伊沢たちの事業は周囲の住民からも次第に受け入れられつつあったという。
だが、日本人教師たちには、思わぬ不幸が待ち受けていた。 その頃、能久親王の薨去があり、伊沢は、宮の霊柩と共に日本内地へ帰京していたが、日本軍が、台湾全土で清国軍を鎮圧した後も、各地で日本統治に不満を持つ者たちのゲリラ活動が続いていた。そして、明治28年も暮れようとする頃になると、台北周辺も再び不穏な空気に包まれたのであった。付近に住む台湾人は、学務部員たちに避難を勧めたが、彼らは教育の理想を信じ、決して芝山巖を去ろうとはしなかった。

明治29年1月1日、運命の日が訪れる。6名の学務部員と用務員1名が、台北で行われる元旦の拝賀式へ出席のため下山しようとした時、そこで約百名のゲリラと遭遇したのである。

「ここですよ。六士先生と土匪(どひ)が遭遇したのは」

陳氏の指さす辺りには、清朝時代に石を積んで作られた小さな門があった。辺りは、木々が生い茂り少し薄暗い感じになっている。 ゲリラに対し、教師たちは臆せず諄々と説諭した、という。一時はゲリラ側も、それを聞き入れるように見えた。しかし、一部のゲリラが槍を持って襲いかかってきたため、ついに両者入り乱れての白兵戦となった。

「剣の心得のある先生がここで何人かを斬りました」

しかし、多くの学務部員は丸腰でたいした応戦もできなかった。台湾教育施政の魁たらんとの志に燃える6人の教師は、軍隊のような武器は何も所持していなかったのである。また、何分に多勢に無勢で、6人はあちこちでちりじりになって戦わざるをえなかった。そして、衆寡敵せず6人の学務部員と1人の用務員は終に一人残らず惨殺され、首を撥ねられてしまったのである。
当時、伊沢は、全島に日本語学校を開くため、日本で教師の募集を行っていたが、芝山巖の悲報を聞いて慟哭した。しかし、伊沢は学堂を危険な芝山巖から台北へ移すことを決して考えなかった。応募してきた第1回の講習員に「今後ともこのような事件が起こらない保証はできない。考えて取り消してもよい」と言い放ち、同年4月に未だ治安の安定しない芝山巖へ45名の講習員(教師)と共に乗り込んでいる。伊沢は、「六士の血で彩られた芝山巖で学ぶことにこそ意義がある」と考えていたという。
かくて、六士先生の殉職と、これを決して忘れてはならないとする伊沢の志が一つになって、その後の台湾教育施政の前進は着実に勝ち取られていった。日本の領台直後の明治30年、台湾の学齢児童の就学率は、総人口の0.5〜0.6%であったが、昭和17、18年頃には、これが70%を突破する。また、終戦のときの識字率は、実に92.5%にのぼり、台湾は世界で最も民度の高い地域の一つに数えるまでに発展したのであった。
ちなみに、芝山巖学堂は、その後士林公学校(場所は芝山巖より市の中心寄り)となり、多くの卒業生を輩出した。陳絢暉氏も、その第38回の卒業生である。

再建された「六士先生之墓」

伊沢は、事件の半年後の7月1日、6人の遺灰を芝山巖に合葬し、丁度台湾へ来ていた伊藤博文総理に題字を依頼、「学務官僚遭難之碑」を建て、六士先生の遺徳を偲ぶ慰霊祭を盛大に催した。また、昭和5年には、この地に六士先生を祀る芝山巖神社も建立され、その後台湾教育に殉じた日本人と台湾人の教育者が祀られた。その数は、昭和20年8月の終戦の時点で、実に337名を数えている。神社の境内には、それらご祭神の名を刻んだ3基の碑が立てられていたという。

しかし、日本の敗戦後、国民党が台湾へ乗り込んで来ると、芝山巖の様子は大きく様変わりする。かつての敵国日本の教育者が、このような形で祀られるのを中国国民党が快く思うはずがなかった。彼らは六士先生の墓や芝山巖神社を無残に破壊し、「学務官僚遭難之碑」をなぎ倒した。そして、その跡地に蒋介石の特務機関のボスであった戴笠(号は雨農)を記念する雨農図書館を建てた。また、すぐそばには、国民党の立場から芝山巖事件を説明する碑を建てたのであった。この碑文には、六士先生を殺害したのは、日本統治に反抗する「義民」と記されている。
碑を見ながら、陳絢暉氏は嘆く。

「日本語教員を殺害し、その首級まで討ち取ることは、近代国家では野蛮であり、犯罪です。賞金をもらえると思ってやったんでしょう。国民党時代には、六士先生を襲ったのは『義民』ということになっていましたが、本当はただの『土匪』ですね」

実は、六士先生の墓は、国民党支配下の戒厳令下で密かに再建されていた。

「六士先生のお墓の跡から、骨壷が地表に露出しているのを、学堂のあった恵済宮の真明住職が見つけたんです。これはいけない、と密かにお骨を移し、無銘の小さな石塔を立てました。もう50年位前のことです。その後、士林公学校の卒業生有志で、更にこのお墓を立て直しました」

陳氏が、お墓を指す。墓は、御影石でつくられた立派なもので、墓石の正面には「六氏先生之墓」と刻まれている。日付は、芝山巖学堂が開かれてから、満百年の平成7年1月1日付けである。この年、芝山巖学堂の流れを汲む士林国民小学校では、開校百周年(日本時代、国民党時代通算)の式典が行われた。また、ほぼ同時期に、芝山巖神社のご祭神として祀られていた教師の名前の入った碑2基が再建されている。

我々がこの碑文の写真を撮っていると、近くにいた60歳代くらいの台湾人男性数人が日本語で声をかけてきた。

「子供の頃は、よくこの辺で遊んだが、碑は2つでなくもっとあった。国民党が壊して崖から落とした。あんまり壊れてない2つを何年か前に、拾い上げてたて直しました」

人々はどうやら近くに住んでいる人らしい。日本統治が終了した昭和20年の時点では、まだ子供だったからか、日本語はたどたどしいが、六士先生を熱っぽく弁護する。

「本当のものを壊してウソのものを建てました」

そう言って、一人が国民党のつくった碑を指すと、皆が深くうなずいた。

しばらく話をして碑の前を離れると、そのグループとは別の人が次から次に我々に話しかけてきた。少し離れたところから、話を聞いていたのであろうか。

「悪い人が六士先生を殺しました。お金を出して生徒を集めたので、お金持ちだと思って、悪い人が六士先生を襲った。私は台北の人じゃないが、知ってます」

「あの時、六士先生を土匪が殺した。六士先生は教育のためにここに来た。本当に記念になるのはこれだ」

今度は、一人が50余年前になぎ倒されて横たえられている「学務官僚遭難之碑」の方を指した。

50年間の国民党の反日宣伝があっても、人々は決して六士先生のことを忘れてはいない。六士先生を慕い、日本教育を評価する気持ちは、今も尚台湾の人々の中に生き続けているのである。

台湾独立の胎動(1)へ 台湾独立の胎動(3)へ