東京都世田谷区池尻3-21-29-302

天皇陛下がわが町に―平成日本に生まれた物語

天皇陛下がわが町に
天皇陛下がわが町に—平成日本に生まれた物語
てんのうへいかが わがまちに/へいせいにほんに うまれたものがたり
松井嘉和(まつい よしかず)大阪国際大学教授/監修 全日本学生文化会議/編
定価 本体1,500円+税 (税込1,620円)
ISBN 978-4-944219-89-6
判型・頁数 四六判・184頁
発売 2009年12月23日
明成社オンラインへ

 編集部ブログ


◆全国20都道府県55箇所を取材。両陛下をお迎えした国民の感動の記録13編。
天皇陛下は、ご即位後、全都道府県をくまなくご訪問され、親しく国民に接してこられた。そして、これらの町々では、実に様々な感動的ドラマが生まれていた。
戦争や、自然災害で身内を失った人々は、自らの苦しみや悲しみを受け止めようとされる陛下のお姿に生きる勇気を与えられていた。また、農林水産業や伝統芸能に携わっている人々は、ご訪問によって、その業績を認められたことを誇りにしていた。天皇陛下のご訪問によって、あらゆる人々が、新たな一歩を踏み出す力を与えられていたのであった。
大学生が2年間かけて天皇皇后両陛下のご訪問先を取材。皇室と国民の知られざるドラマをまとめた。


序文 松井嘉和

第一章 被災地ご訪問
高齢者も島に戻れた(東京都・三宅島)
島鷹太鼓の響きよ、永遠に(福岡県・玄界島)
「心の復興」五年の軌跡(北海道・奥尻島)
へりで救出された千二百頭の牛(新潟県・旧山古志村)
両陛下からの「宝物」を胸に(兵庫県)
第二章 福祉に寄せられる御心

ハンセン病患者の手を優しく包み込まれて(岡山県・長島愛育園)
だんじょかれよしの歌声の響(沖縄県・沖縄愛楽園)
福祉に携わる人々に勇気と自信をお与えになられて(東京都)
第三章 苦難の歴史に光を

クロマツの森に甦った誇り(北海道・襟裳岬)
くり返しくり返し思ひかけて(沖縄県・摩文仁)
奄美群島の新しい朝(鹿児島県・奄美大島)
「かの日」の三文字に込められた開拓団の歴史(栃木県・千振開拓地)
サイパンにこだました「バンザイ」の声(サイパン島)