東京都世田谷区池尻3-21-29-302

【DVD】日本・ベルギー交流秘話―日本を救った二人のベルギー人

DVD 日本・ベルギー交流秘話

占部賢志 歴史探訪シリーズ ― 語り伝えたい日本人の物語―(4)

【DVD】日本・ベルギー交流秘話—日本を救った二人のベルギー人
にほん ベルギー こうりゅうひわ/にほんをすくった ふたりのベルギーじん

占部賢志(うらべ けんし)/出演・語り
定価 本体2,000円+税 (税込2,160円)
ISBN 978-4-944219-86-5
仕様 DVDディスク・NTSCカラー/モノラル34分/プラスチックケース入
発売 2009年11月
明成社オンラインへ
◆「日本軍による虐殺はなかった」ことを主張したダネタンと、 震災に苦しむ日本人を支援したパッソンピエール
●ベルギーを訪問した岩倉使節団を出迎えたアルベール・ダネタンは、その経歴を買われて日本へ赴任、駐日公使を12年も務めた人物だ。このダネタンは、後に日本の危機を救うこととなる。
●明治27年(1984)の日清戦争の際、諸外国の新聞は「日本軍は旅順で多くの一般住民を虐殺した」と報じ、強く日本を非難した。しかし、ダネタンは自らこの事件を調査し、「日本軍による虐殺」が誤報であることを明らかにするのだ。またダネタンは、日本の赤十字が見事に機能している様子や、清国人捕虜に対して日本軍が厳格にジュネーブ協定を守っている事実も広く世界に紹介し、列国の誤った対日意識を是正したのだった。
●さらに大正12年、関東大震災による未曾有の惨事に見舞われた日本に対し、温かい支援の手を差し伸べたのもベルキーだった。東京都復興記念館に展示されている1枚の絵。この絵に描きこまれている人物こそ、日本の支援のために奔走したアルベール・ド・パッソンピエール大使である。
●ベルギーはなぜ、かくも日本に好意を寄せたのか。2人の人物の足跡を辿りながら、明治~大正期における両国の交流の歴史と絆を浮かび上がらせる。


 ◎ロケ地/東京都雑司が谷霊園、東京都復興記念館
Ⅰ 明治日本とベルギー
明治日本とベルギー/ダネタンと日本との出会い/日本の名誉を守ったダネタンの功績
Ⅱ 大正日本とベルギー
一枚の絵画から見えてくるもの/関東大震災におけるベルギーの支援/ベルギーが日本を支援した理由