東京都世田谷区池尻3-21-29-302

【DVD】知られざる日本・トルコ交流史―エルトゥールル号事件の顛末

DVD 知られざる日本・トルコ交流史

占部賢志 歴史探訪シリーズ ― 語り伝えたい日本人の物語―(2)

【DVD】知られざる日本・トルコ交流史—エルトゥールル号事件の顛末
しられざる にほん トルコ こうりゅうし/エルトゥールルごうじけんの てんまつ

占部賢志(うらべ けんし)/出演・語り
定価 本体2,000円+税 (税込2,160円)
ISBN 978-4-944219-72-8
仕様 DVDディスク・NTSCカラー/モノラル30分/プラスチックケース入
発売 2008年 6月
明成社オンラインへ
◆トルコから「救いの翼」
●昭和60年、激化するイラン・イラク戦争のさなか、イラクは突然イラン領空を通過する航空機の無差別爆撃を表明。イラン在住の外国人は、次々に特別機などで退去しましたが、日本政府は救援機の派遣を躊躇したため、邦人は取り残されてしまいます。
●そこへ飛来したのがトルコ航空の特別機でした。トルコはなぜ危険を顧みず、日本人救出の為に航空機を派遣したのでしょうか。
●その背景となったのが、エルトゥールル号事件です。
明治23年、オスマン帝国の使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号は、和歌山県沖で台風に遭い沈没、約500名が犠牲となりました。その際、遭難現場となった大島の漁民は、献身的に救助活動にあたり、生存者69名は、後日、無事トルコへ送り届けられました。
●串本町にある遭難慰霊碑の前では、現在も慰霊の行事が行われ、日土両国の友好の証ともなっています。


◎ロケ地/和歌山県東牟婁郡串本町
日本人を救ったトルコ航空/エルトゥールル号事件とは/大島島民の救助活動/トルコと明治の皇室