東京都世田谷区池尻3-21-29-302

海の生命線(シーレーン)― 日本に原油・天然ガスが届かなくなる日

海の生命線(シーレーン)
海の生命線(シーレーン)—日本に原油・天然ガスが届かなくなる日
シーレーン/にほんに げんゆ てんねんガスが とどかなくなるひ
北村 淳(きたむら じゅん)/著
定価 本体524円+税 (税込566円)
ISBN 978-4-944219-71-1
判型・頁数 A5判・48頁
発売 2008年 4月
※本書のご注文・お問合せは 日本会議書籍販売コーナー ℡ 03-5428-3723 までお願いします。
 天然資源に乏しく、四方を海に囲まれた日本は、これらの需要を外国からの輸入に頼っており、その99%は海路により運ばれている。
エネルギー資源の供給線(=オイルシーレーン)が寸断されれば、国民生活はおろか、国家の主権まで奪われる。日本のオイルシーレーンの安全を確保し、国民生活を破滅の危機に直面させないためには、どのような手段があるのか。
“国防常識”を喚起する【オイルシーレーン防衛ハンドブック】。


編集部ブログ


中国共産党中央軍事委員会『対日通告』
01  シーレーンとは
02  「海賊」・「海洋テロ」の脅威
03  島国を窮地に陥れる通商破壊戦
04  南西航路帯は“日本生命線”
05  極めて危険なシーレーンの一本化
06  ペルシア湾は誰が護っているのか?
07  原油供給地の安全確保は日本自身の防衛
08  ホルムズ海峡を圧迫する対艦ミサイル
09  哨戒部隊を派遣し外交的発言力を強化せよ
10  インド洋を警戒する米国海軍
11  国際社会が待望する海自P-3C部隊
12  狙われるマラッカ海峡
13  アンダマン海の中国海軍に備えよ
14  “中国の海”南シナ海
15  バシー海峡波高し
16  「戦わずして勝つ」中国海軍
17  南シナ海シーレーンの間接防衛戦略
18  日本防衛と台湾防衛は表裏一体
19  迂回航路帯に迫る中国海軍攻撃原潜
20  国防システムの抜本的再編こそが急務