東京都世田谷区池尻3-21-29-302

独身者は損をしている―財産を築き、健康を維持し、子供の非行を防ぐ「家族」という仕組み

独身者は損をしている
独身者は損をしている—財産を築き、健康を維持し、子供の非行を防ぐ「家族」という仕組み
どくしんしゃは そんをしている/ざいさんをきずき けんこうをいじし こどものひこうをふせぐ かぞくというしくみ
アメリカ価値研究所/著 エドワーズ博美ほか/訳
定価 本体1,400円+税 (税込1,512円)
ISBN 978-4-944219-61-2
判型・頁数 四六判・272頁
発売 2007年 10月
明成社オンラインへ
◆アメリカのシンクタンクが発見した驚きの真実
アメリカの女性数千人を徹底調査したところ、結婚した方が健康で、豊かで、長寿だった。
そして、安易な離婚は決して幸せを保証しないことを証明し、アメリカで話題となった「調査レポート」の全訳。
●これから結婚する人  ●「結婚」に夢が持てない人  ●結婚生活に嫌気がさして離婚を考えている人  ●子育ては負担だと考えている人も、是非、読んで下さい!


 エドワーズ博美「読者の皆様へ」 編集部ブログ


発刊に寄せて …アメリカ価値研究所所長  ディビッド・ブランケンホーン

第一章 なぜ結婚は重要か? 
1.「結婚」という不思議な仕組み
2.結婚って何だ
①結婚が家族に与える影響  ②結婚が生活水準に与える影響 ③結婚が健康と長寿に与える影響 ④結婚が心の健康に与える影響  ⑤結婚が犯罪及び家庭内暴力に与える影響
3.結論 「結婚は万能薬ではないが、社会的善である」

第二章 母親の喜びと悩み
1.母親の喜びと悩みを考える8つのポイント
2.全米2000人の母親から話を聞きました
母親は何を一番心配し、何を変えたいと思っているのか/母親たちの実生活と、社会の認識のズレ/全米2000人の母親への聞き取り調査
3.母親たちの話を耳を傾けよう
①母親の自己認識 ②家庭における母親の喜びと悩み ③仕事を持つ母親の悩み ④母親はアメリカ文化が嫌い?
4.結論 「母親は何を望んでいるのか」

第三章 離婚で幸せになれたのか?
1.全米規模では初の『離婚の研究』
2.離婚率の増大が子供や社会の安定に与えた影響
3.離婚で幸福になれたのか
4.離婚を回避した人への聞き取り調査
5.結婚は社会が共有する無形の財産