竹本忠雄 アメリカ人への手紙

アメリカ人への手紙

竹本忠雄
筑波大学名誉教授、コレジュ・ド・フランス客員教授

「太平洋戦争」で日本が敗北し、列島に貴国アメリカ人兵士が満ちあふれたとき、「キルロイ・ウォズ・ヒヤ」という言葉が彼らの間から聞こえてきた。「王殺し、ここに来たれり」とでもいう意味らしい。あちこちの壁に、彼らは得意げにそう落書きして回った。「独裁者ヒロヒト」と「軍国主義者たち」の手から、哀れな日本国民を解放してやるのだというメシア思想の宣言であったろうか。

しかし、連合軍総司令官マッカーサー元帥が、ある日、そのオフィスに、日本国天皇の訪問を迎え入れた瞬間から、歴史は別の色合いへと転じたのである。あらゆる敗北の君主と同様にヒロヒトも命乞いに来たとばかり思いこんで、傲然とパイプをくゆらせていた勝利者に向かって、日出ずる国の天子はこう仰せられたのだ。
「朕の忠良なる国民に代わって朕を罰せよ」と。

元帥はこの言葉を忘れかねた。のちに、朝鮮戦争の責任をとって解任され、離日する際に将軍が言い残した言葉は、こうだった。
「私は世界最高のジェントルマンを知った。それは日本の天皇である…」

このエピソードには、おそらく、日本にかかわる本質的に重要な何かが含まれている。それが分かれば日本が分かり、分からなければ日本が分からないような、何かである。

「ジェントルマン」とは、かつての我々の国においては「サムライ」であり、あなたがた西欧人の国々では「騎士」であった。西欧と日本は、それぞれ「騎士道」と「武士道」と呼ばれるジェントルマンシップを創造した文明である。お互いに分かりあえないはずがないルーツを持っている。どうか、この名-紳士の名において、以下の言葉を開き、我々と真の対話の関係に入っていただきたい。

* * *

率直に言って、ここ数年来、貴国を舞台として悪化の一途を辿りつつある或る種の反日活動に、我々は深く憂慮の念を抱いているのである。貴国を舞台に、と言っているのであって、決して貴国の人々が仕掛人と申しているわけではない。仕掛人は第三国にある。ただ、あえてアメリカ人を陪審員席に据え、これに向かって、明らかに或る明瞭な政治的意図から、我々の誇りとする祖国の歴史と文化を歪曲して呈するやりかたに、我々は長嘆息し、こう問いを発せずにいられないのである。

《当初、「日本の専制君主」を絞首刑にすると意気込んでいたマッカーサー元帥でさえ、感激のあまりその態度を180度転換するに至ったほどの、至高の無私公正の存在たる日本の元首、天皇について、いまなおその「陰謀」によって日本は「世界征服」に乗り出したと言いつのり、さらには、ユダヤ人虐殺の嵐のさなかにおいて、世界中でただ一国、日本だけが人種差別撤廃を国是として数え切れないユダヤ人を救った事実があるにもかかわらず、ナチス・ドイツの悪業、すなわち「ホロコースト」を日本もやったのだと弾劾し続けるのは、いったい何故か?》と。