特攻の魁 関大尉に魅せられて

特攻の魁  関大尉に魅せられて

【インタビュ―】
中城まさお 劇作家・俳優

「関大尉を知っていますか」

―一人語り公演「散れ山桜―神風特別攻撃隊隊長関行男二十三年の生涯」(のちに「靖國で会おう」に改題・平成15年9月28日、東京・赤坂)はなかなか盛会でしたが、反響はいかがでしたか。

中城 お蔭さまで、いつにも増してアンケートが多く返ってきましてね。特攻というテーマが重過ぎるという受け取り方をされるのではないかと心配していましたが、芝居として観てとてもよかったという意見が多くて安心しました。なかに学校の先生もいらして子供たちにぜひ観劇の機会を、と書いてくださっていたのは特に嬉しかったです。

―中城さんは学校公演を多くなさっておられるのですね。

中城 これまで七千数百回舞台をやっていますが、そのうち八割くらいは学校関係です。年に二百回のときもありました。演目は、例えば、小学校では私の書いた海賊船のお芝居。中学・高校はドン・キホーテなどをよくやりました。

―今回は神風特別攻撃隊の魁、関大尉の物語ですが、そもそも関大尉を取り上げられた経緯は?

中城 関大尉との最初の“出会い”は、中学一年のときですね。「忠烈万世に燦たり」云々という見出しが新聞に躍って、それを見た我々「少年」は皆感動したんですよ。私も興奮して、学校でもその話題でもちきりでした。そして「早く行かないと戦争が終わっちゃう」と、お国のために一日でも早く兵隊に行くことを夢見ていましたね。

そういう記憶は、戦後久しく忘れていたんですが、数年前にカナダの女性ジャネット・デルポートさんが書いた『関大尉を知っていますか』という本に出会いました。彼女は禅の修業のため日本とカナダを往復している間に関大尉の霊が乗り移ってしまったという人なんですが、その本を手にしたとき、少年時代の記憶がパーっと蘇りまして、「ああ、関大尉は、それくらいインパクトのある方だったんだ、たまたま白羽の矢が立って最初の特攻隊隊長として歴史に名を留めたというのではなく、後世の人間に乗り移るほど強い魂の方だったんだ」と思ったのです。