祖国復帰は沖縄の誇り

祖国復帰は沖縄の誇り
祖国復帰は沖縄の誇り
そこくふっきは おきなわのほこり
椛島有三 日本会議事務総長
仲村俊子 初代沖縄防衛協会婦人部長・元小学校教諭/著
定価 本体600円+税 (税込648円)
ISBN 978-4-905410-05-8
判型・頁数 A5判・48頁
発売 2012年1月15日
※本書のご注文・お問合せは日本会議書籍販売コーナー℡ 03-5428-3723までお願いします。 
沖縄が祖国復帰した意味、そして真に復帰を願った沖縄の人々の思いとは―
戦後27年にわたりアメリカ施政権下にあった沖縄。それまで復帰運動を推進してきたはずの復帰運動団体は、昭和47年返還協定締結から、批准反対へと転じ復帰実現は危うい状態にあった。(そのため現在も、祝うべき復帰の日を、米軍基地を押し付けられた「屈辱の日」にすりかえられている。)
このとき我が身を顧みず、復帰実現の固い信念を掲げた一人の教師を中心に行動を始める。その数は、当初数人に過ぎなかったが、やがて多くの県民が立ち上がって、本土の人々へ訴え、国を動かして、ようやく復帰は実現したのである。今明かされる沖縄県祖国復帰の真実。
世界と日本の誇り 沖縄…椛島有三
世界の誇り沖縄/日本の皇室を守った「沖縄の戦い」/皇室と祖国復帰運動/アジアへの平和発信は沖縄から
※コラム「沖縄で祖国復帰を祝う集い」

沖縄・祖国復帰への祈りー沖縄返還協定批准反対運動を乗り越えて…仲村俊子
再び祖国から切り離されようとしている沖縄/沖縄教職員会で日の丸を広げる運動/東京から「祖国復帰が危うい」との連絡が/「祈・批准」と書いたタスキでデモ行進/39年ぶりに祖国復帰の真実を世に問う
※母・仲村俊子と沖縄祖国復帰運動…仲村覚