「おもてなし」の心が世界を救う

「おもてなし」の心が世界を救う
復興の原点は、日本の心にある
「おもてなし」の心が世界を救う
おもてなしのこころが せかいをすくう
ふっこうのげんてんは にほんのこころにある
呉 善花/著
(お そんふぁ)
定価 本体600円+税 (税込648円)
ISBN 978-4-905410-29-4
判型・頁数 A5判・48頁
発売 2014年7月1日 
※本書のご注文・お問合せは 日本会議書籍販売コーナー ℡ 03-5428-3723 までお願いします。
2020年のオリンピック開催地を決めるIOC総会で、滝川クリステルさんがスピーチの中で使い、一気に流行語となった「おもてなし」。
本書は以前より、この「おもてなし」の心こそ、「近代文明の行き詰まりを打破し、世界を救う鍵となる」と説く著者が、茶道や人と自然との関係などを通して、「おもてなし」に象徴される日本の文化の本質に深く迫る、究極の日本待望論です。
(目次)
3.11の衝撃
世界の驚き―どうして日本人にはそんなことができるのか
学生たちの感動
茶道と「おもてなし」の心
茶道のすすめ
「おもてなし」の心が世界を救う
自然を神と見る日本人の自然観
天皇は日本の心
若者は“日本”に飢えている