米ソのアジア戦略と大東亜戦争

米ソのアジア戦略と大東亜戦争
9784944219520
べいソの アジアせんりゃくと だいとうあせんそう
椛島有三/著
定価 本体1,500円+税 (税込1,620円)
ISBN 978-4-944219-52-0
判型・頁数 四六判・224頁
発売 2007年4月
kounyuu
◆日本はなぜ、戦わざるをえなかったのか
第一次大戦後、米・ソ両大国がいかに日本を圧迫し戦争へ追い込んだのかを、各種新資料に基づき検証。
巨大な中国市場の独占を狙うアメリカは、中国の教育事業へ多額の投資を行い、反日ナショナリズムを育成すると共に、中国軍への大規模な軍事援助を行った。一方、中国の共産化を狙うソ連は、中国共産党を結成。これを国民政府と合作させ排日事件を頻発させる。そして本来相容れぬ思想を持つはずの米ソ両国は、中国を支配する上での共通の障害=日本打倒のために手を携え、遂に実力行使に踏み切るのである。
大東亜戦争の背景を明らかにし、歴史の真相に迫る。
「本書で多くの日本人が目醒めてほしい」―小野田寛郎氏
戦後既に60年、各種の情報が公開され、偏らず冷静に判断すれば、何が正しいか解ける筈です。
私は本書に全く同感であり、讃辞を呈したい。
推薦の辞 小野田自然塾・理事長 小野田寛郎
第一章 昭和天皇のご見解―大東亜戦争の原因について
第二章 アメリカのアジア戦略―アメリカのアジア戦略の原点は満州獲得だった
第三章 満州事変の背景―米ソによるアジアのヤルタ体制の第一歩は満州で始まった
第四章 アジアにおけるヤルタ体制の誕生―米ソがもたらした支那事変の勃発と泥沼化
第五章 大東亜戦争の真相に迫る―すでに戦争は始まっていた
補論 朝鮮戦争を通じ初めて日本の立場を理解した米国
主要参考資料一覧/巻末資料「欧米五百年の世界植民地支配図」