明治天皇と日露戦争

明治天皇と日露戦争
世界を感動せしめた日本武士道
明治天皇と日露戦争
めいじてんのうと にちろせんそう
せかいを かんどうせしめた にほんぶしどう
占部賢志・名越二荒之助・高山 亨・
小堀桂一郎・小柳陽太郎・加瀬英明・入江隆則
/著
定価 本体1,500円+税 (税込1,620円)
ISBN 4-944219-29-6
判型・頁数 四六判・230頁
発売 2005年3
kounyuu
編集部ブログ
◆日露戦争にみる“明治の精神”
世界史上の奇蹟と評される日露戦争の勝利から100年。
当代一流の識者による論文を集めた、日露戦争研究の決定版!!  様々な角度からその意義を明らかにし、現代における我が国の活路を見出します。
第一部  日露戦争と日本武士道
●日露戦争と明治の武士道―歴史研究家 占部賢志
●敵を敬い慰霊を欠かさなかった明治の気風―元高千穂商科大学教授 名越ニ荒之助
●忠誠の人・乃木希典大将―乃木神社宮司 高山亨

第二部  明治天皇の大御心を仰ぐ
●御製に見る明治の精神―東京大学名誉教授 小堀桂一郎
●明治天皇御製と「山桜集」―元九州造形短期大学教授 小柳陽太郎

第三部  世界史の中の日露戦争
 
●世界史を変えた日露戦争―外交評論家 加瀬英明

●日露戦争に学ぶ日本の活路―明治大学教授 入江隆則