日本の心に目覚める五つの話

日本の心に目覚める五つの話
日本の心に目覚める五つの話
にほんのこころにめざめる いつつのはなし
松浦光修/著
皇學館大学教授
定価 本体2,200円+税 (税込2,376円)
ISBN 978-4-944219-92-6
判型・頁数 四六判・360頁
発売 2010年4月29日
kounyuu
◆日本人なら誰でも知っておくべき五話
戦争や災害や不況が、どんなに襲ってきても、それだけですぐに、国が滅びるわけではありません。けれども、その国の人々が、その国の人々らしい「心」を失ってしまったら…、国は、いつのまにか気化して、消えてしまうのです。
中学生・高校生を始め、青年層を対象にした折々の講演をもとに、日本人として、どうしても知っておいてほしい五話を精選。学校ではあまり教えられていない、日本の神話や歴史、先人の生き方を通して、“日本の心”に気づくことができる本。
第一話 神さまの国―神話・天皇・神宮
目にみえるもの、目に見えないもの/「かんじんなこと」は「目」には見えない/神話のお話をする前に…/“価値”は、“心”が決めるもの/神話は民族の“心のかたち”/世界で一つだけの“国”/“歴史は鏡”というけれど…?/伊勢神宮は世界の聖地/天照大神、伊勢に鎮まる/祈りの力/天皇は、まず神を祭る/感謝の心・報恩の行い
第二話 よみがえる山陵―神武天皇陵の歴史
「建国記念日」と明治維新/荒廃する御陵/邪説の横行/御陵の再発見/復古への険路/激流の中の復古/不屈の気概 
第三話 七たび生きる―「楠公精神」の歴史
「正成一人…」/挙族殉皇の跡/「嗚呼忠臣楠子之墓」/「楠の、いま大石となりにけり」/「公は死せず…」/近代知識人の混迷/大東亜戦争と正成/「楠公精神」とは?
第四話 祈りの力―孝明天皇と吉田松陰
気がつけば…武士道/“女帝”はあるが“女系”はない/太平の眠りのなかで…/覚めても寝ても…/国の誇りを、守る気力/生涯、聖跡を汚さず/御心にお応えする者とは、だれか?/日本が“皇国”である根拠とは?/松陰を松陰にしたもの/七たび生まれかわっても…/親思う、心にまさる親心/留めおかまし、大和魂
第五話 “維新のかたち”―五箇条の御誓文
“民族の大切な記憶”/占領下の“日本”を支えた「五箇条の御誓文」/勝海舟・横井小楠・坂本龍馬/由利公正と福岡孝弟/木戸孝允と「五箇条の御誓文」/永遠なるものへの“祈り”と“誓い”
・おわりに  ・主な参考文献