君たちが、日本のためにできること

君たちが、日本のためにできること
大学生に伝えたい祖国との絆
9784944219995
きみたちが にほんのためにできること
だいがくせいにつたえたい そこくとのきずな
岡野弘彦・金美齢・高橋史朗・
畠山圭一・松浦光修・竹田恒泰
/著
定価 本体1,800円+税 (税込1,944円)
ISBN 978-4-944219-99-5
判型・頁数 四六判・198頁
発売 2011年3月
kounyuu
編集部ブログ
◆日本を愛してやまぬ著名人が、次代を担う若者に心を込めて語った珠玉の講演録
大学生が企画し、自分たちの大学を会場に主催した天皇陛下御即位二十年記念講演会。祖国の命脈につながりたいという願いにこたえて、講師が語った日本人としての「志のたてかた」。
「皇室とは何か」を考え続け、皇居勤労奉仕や全国聖蹟調査に取り組んだ大学生たちが目覚めた「日本人としての喜び」。それを同じ大学生どうしで共有したいと、学内で天皇陛下御即位二十年奉祝行事が行われました。
日本人としての誇りを胸に抱きながら、次代を担う若者として、何ができるのか。いま、やるべきことは何か。講師も熱く語りました
和歌に宿る魂の力-濃密な心の交流の世界 岡野弘彦
様々な危機を抱える今日の日本/地球の生命の最も根源にまで御心を/受け継がれる御心/古代の言葉に込められた感情-「こをろこをろに…」/密度の濃い心の交流をもたらす言葉/全生涯をかけて魂を深める
●愛する日本の学生たちに伝えたいこと 金美齢
大学生活という素晴らしい時間/人類の膨大な知的遺産/なぜ、選ばれる人にならないか/読書家の太田光/セーフティーネットのない人生/菊の御紋章のパスポート
●「自分づくり」から始める日本再生 高橋史朗
幸福度と「絆」の関係/家庭生活から消えたもの/夢とは、今に全力を尽くすこと/アメリカでの絶望体験/忘れ去られた「不易の価値」/そっぽを向かれる「歴史を知らない」日本の若者/天皇と国民の絆
●心を尽くす生き方―日本の国柄を理解するために 畠山圭一
なぜ、難民を救うのか/人間の尊厳とは/「平和」の考え方/突然、歴史が語り始める/永遠の生命へのまなざし/日本人の人生観が生み出した国柄/敗戦時にも披瀝された日本文明の使命/新時代の学生の使命とは/日本文明の大いなる使命
●みはしのさくら ちらぬその間に 松浦光修
「我が御心すがすがし」という境地/「仁者に敵なし」/今上陛下の“戦い”/私たちの使命
●皇室を戴く日本の国柄 竹田恒泰
憲法の中の天皇/天皇がいなければ日本は成り立たない/常に国民の幸を祈る皇室/パフォーマンスでつながる王室と国民の絆
・あとがき 全日本学生文化会議