再審「南京大虐殺」

【日英バイリンガル】
再審「南京大虐殺」
世界に訴える日本の冤罪 
和文側表装

再審「南京大虐殺」
さいしん なんきんだいぎゃくさつ
せかいにうったえる にほんのえんざい
 in English
竹本忠雄・大原康男/著
定価 本体1,900円+税 (税込2,052円)
ISBN 4-944219-05-9
判型・頁数 A5判・312頁 (和文160頁/英文152頁)
発売 2000年11
kounyuu
竹本忠雄 アメリカ人への手紙
大原康男 『再審南京大虐殺』の読み方
◆アメリカ舞台の反日宣伝に反撃第一弾!
戦後半世紀余り、日本は、この問題で外から何を言われようとも、一貫して沈黙を守りつづけてきた。ここに初めて我々は沈黙を破る。ただし、中国式金切り声ではない。被告席に立たされた日本の、低音で立ち昇る、しかし清明公正なる陳述である。(序言より)
中国政府が主張する“南京大虐殺”論を徹底批判!
フェアプレイ精神を愛する世界の全ての人々に読んでほしい。前から和文(160頁)、後ろから英文(152頁)で併記した1冊。
○ 南京にいた欧米人で「30万人虐殺」を主張した人は皆無
○ 日本軍にあった「国際法遵守」「不法行為禁止」の命令
○ 大量殺害の証拠とされる「埋葬記録」に水増し 
第一章 <南京大虐殺>とは何か
南京攻略線の概要
犠牲者数がまちまちな<大虐殺>の告発
第二章 告発側の主張を検証する
犠牲者数30万人は真実か
組織的計画的大量殺人だったのか
組織的大規模掠奪・強姦はあったのか
狂気的殺戮はあったのか
第三章 告発側の主張と矛盾する「証拠」の数々
南京の秩序回復を物語る写真・映像・証言
死体埋葬記録と矛盾する<大虐殺>
スマイス教授の綿密な現地調査
<大虐殺>に触れなかった国民政府
第四章 <南京大虐殺>は世紀の冤罪