まほろばシリーズとは

子供たちにとって、尊い業績を残した歴史上の偉人を学ぶことは、とても大切なことです。子供たちは、生き方を人物を通して学ぶからです。多くの偉人について学ぶことによって、それだけ心の栄養が蓄積され、豊かな生き方へつながることができます。 そして、将来を担う子供たちに、人として日本人としてのルールや基礎基本を教えていくのは、大人の役割です。

まほろば教育事業団と明成社では、『まほろばシリーズ』として、小学生・中学生向けの人物や歴史上の事件を題材とした読み物のシリーズを企画しました。 手に取りやすいブックレットの形で刊行します。 

【まほろば】すぐれたよい所。 『まほろば』は『まほら』と同義語で、「ま」は美しさを表す接頭語、 「ほ」は非常に優れている物・所、「ら」は場所を表す接頭語となっています。
まほろば教育事業団についてのお問合せは、℡03-3485-6554までお願いします。
まほろばシリーズ 最新刊! 好評発売中!
 9

昭憲皇太后
昭憲皇太后
ひろく愛の御手をさしのべられて
●打越和子/著
●定価:本体600円+税(税込648円)
明治天皇とともに近代日本の先頭に立たれた昭憲皇太后。女子教育の推奨、病に苦しむ人々の救済、志士遺族へのあたたかい御心。世界でも類のない奇跡的な発展をとげた新時代の皇后として、昭憲皇太后が果たされた数々のご事跡は現代日本の大きな礎となっています。
 8

明治天皇


明治天皇
近代日本の基を定められて
●勝岡寛次/著
●定価:本体600円(税込648円)
西欧列強の外圧のなかで、日本は王政復古を成し遂げ憲法を制定し、日清・日露戦争に勝利しました。 一躍、日本は近代国家となったのです。その先頭に立たれたのが明治天皇です。 近代国家日本の基礎をかためられた明治天皇の御事績を、やさしい文章で綴っています。

伊勢の神宮のおはなし


伊勢の神宮のおはなし
子供たちに伝えたい式年遷宮
●渡邊 毅/著
●定価:本体600円(税込648円)
伊勢の神宮では、平成25年に第62回式年遷宮が行われます。「式年遷宮」とは、20年に一度社殿を建て替え、神様にもお遷り頂く、神宮で最も大切なお祭りです。永遠に再生を繰り返し、常に若々しくあり続けてきた伊勢の神宮は、「日本人の心のふるさと」と言うにふさわしい場所であり、日本人の誇りです。

橋本左内

 

幕末の先覚者 橋本左内

幼なごころをうちすてた十五歳の決意
●大津寄章三/著
●定価:本体600円(税込648円)
橋本左内は天保五年、福井県の医師の家に生まれました。左内に出会った人々の多くは、左内の目が覚めるような頭脳と才能に、みな驚嘆したといいます。左内が15歳のときに書いた「啓発録」には、自らを奮い立たせる五つの誓いが述べられています。そんな左内の生涯と「啓発録」の内容を紹介します。

天皇陛下とわたしたち


天皇陛下とわたしたち
子供たちに伝えたい七つのお話
●まほろば教育事業団/著
●定価:本体700円(税込756円)
子供たちに、是非とも知っておいてほしい天皇陛下にまつわる七つのお話を集めたもので、教材としても最適です。「御皇室の存在、このことを国民が意識し、教育の場でしっかりと教えられるようになったら、もう半分以上、日本の国は蘇ってくる」のではないでしょうか。

吉田松陰
至誠の人 吉田松陰

●山崎文靖/文
●定価: 本体600円(税込648円)
松下村塾での吉田松陰の教育は、わずか一年余りに過ぎませんでしたが、その中から、高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文等の多くの維新の志士、明治の元勲が輩出されました。吉田松陰の至誠を貫いた生き方を、現代の子供たちに伝えます。

素読・暗唱のための言葉集
素読・暗唱のための言葉集
こころの輝きを見つけよう
≪品切れ・重版未定≫
●まほろば教育事業団/編
●定価:本体800円(税込864円)
素読は、習った時にはその言葉の意味が理解できずとも、その後の人生のなかで様々な体験を積むことで、先人の言葉が栄養となり、また血肉化し、人格を形成していくものだといわれています。小学生を対象にした合宿で、取り組んでいる素読暗唱の教材を、テキストとして編集。

ルバング島戦後30年の戦いと靖国神社への思い


ルバング島戦後30年の戦いと靖国神社への思い

●小野田寛郎/著
●定価:本体524円(税込566円)
戦争の終結を知らされず、フィリピンで約30年に亘って孤独な戦いを続けた小野田寛郎氏の言葉には、戦前・戦中の日本人の祖国に対する純粋な思いがそのまま残されています。未来の日本を担うべき若い世代へ伝える靖国への思い、国家存立の意味、そして責任ある生き方とは?

昭和天皇
昭和天皇
戦争を終結させ、国民を救った日本の元首
●永野雅康/文
●定価:本体400円(税込432円)
平成生まれの子供達にとって、昭和天皇の記憶はありません。しかし、敗戦の廃墟から、豊かな時代を築く原動力になったのは、昭和天皇の御存在でした。奇跡の復興を遂げた戦後日本の原点を、子供たちにも伝えておく必要があるとは思いませんか。