東京都世田谷区池尻3-21-29-302

「ヤスクニを守って」地球の裏側の子供たちからの手紙

「ヤスクニを守って」地球の裏側の子供たちからの手紙

※抄録
ジャーナリスト 打越和子


ブラジルの中高生からの手紙

ブラジルと言えば、サッカーとサンバの国、というイメージが強い。そのブラジルで若い世代が、「靖国神社を守って下さい」と日々祈っていると聞けば、誰もが不思議に思うだろう。

この7月、『日本の皆様、靖国神社を守って下さい―ブラジルの中高生からの手紙』(明成社)という本が出版された。ブラジル・サンパウロ市の日本語学校「松柏学園」と、公教育の私立学校「大志万学院」の生徒たち20名の手紙を収めたものだ。この2校の生徒たちは、2年に一度「訪日使節団」を組んで来日し、沖縄から北海道までを約40日かけて巡り研修している。

私は平成10年に来日した第12回使節団に約一週間ほど同行して取材したことがあり、その関係で、今回の本の出版にも関わった。また、大志万学院の真由実・川村・マドエニョ・シルバ校長が別件で7月上旬に来日された際、お会いして最近の生徒たちの様子などを伺った。それらの取材をもとに、「靖国を守って」と祈るブラジルの子供たちについて、レポートしたい。

南米大陸の47.3%を占める世界第五の大国であるブラジルは、地球上で日本のちょうど裏側に位置している。日本との時差は12時間。そんな遠い国にも拘わらず、ブラジルは世界で一番日系人が多い国だ。1908年(明治40年)に移民船・笠戸丸の781人がサントス港に到着して以来、あと5年で日本移民百周年を迎えようとしているこの国には、現在140万人の日系人が暮らしている。

サンパウロ市の日本語学校「松柏学園」は、日系二世の真倫子・川村学園長が、1952年(昭和27年)に設立した。大志万学院は、日本語教育を公教育の場で実践しようと真倫子学園長が中心となって93年に設立されたもので、真由実・川村・マドエニョ・シルバ校長は真倫子学園長の娘である。生徒は、日系人が多数を占めているが他国系の生徒も在学している。松柏学園は5歳から大人まで60人余り、大志万学院は保育部、幼稚部、小・中学部の150人が在学している。今回、「靖国を守って」という手紙を書いたのは、その二校に通う12歳から18歳までの生徒たちである。

平成14年6月、当地の日本語新聞であるサンパウロ新聞とニッケイ新聞に掲載された「日本では靖国神社に代わる追悼施設が検討されている」との記事に驚いた真倫子学園長が、この問題について教室で取り上げたところ、反響は大きかった。生徒たちは、目に涙をいっぱいためて、食い入るように話に聞き入ったという。そして、習い覚えた日本語で、一所懸命に自分の思いを綴ったのである。